【ベルリン共同】ドイツ政府報道官は6日、先進7カ国(G7)首脳がウクライナのゼレンスキー大統領を招いて8日にテレビ会議を開くと発表した。ドイツメディアが報じた。ドイツは今年のG7議長国。

 8日は欧州で第2次大戦が終結した日で、テレビ会議ではロシアが侵攻したウクライナの情勢についてゼレンスキー氏を交えて話し合う。ロシアは9日の対ドイツ戦勝記念日に合わせてウクライナ侵攻の戦果を誇示するとの見方があり、G7はこれに先立ち、ウクライナとの連帯をアピールする。

 また、ドイツのショルツ首相は8日、終戦77年に合わせて異例のテレビ演説をする。