ロシアのペスコフ大統領報道官は6日、ウクライナ側部隊が製鉄所構内で抵抗を続けている東部ドネツク州の要衝マリウポリについて、今月9日の対ドイツ戦勝記念日の行事を実施することは不可能との見方を示し、9日までの完全制圧が難しいことを認めた。タス通信が伝えた。

 ペスコフ氏は、9日にロシア側代表団がマリウポリを訪問する可能性について「現地入りするロシア人はいると思うが、公式な代表団については知らない」とし、祝賀行事実施は「今年は不可能だ」と述べた。