【北京共同】中国の在ロシア大使館は6日、中国人民銀行(中央銀行)とロシア中央銀行が決済システムで協力を深める方針を明らかにした。ウクライナ侵攻を受け米クレジットカード大手のマスターカードとビザがロシア事業を停止しており、中国カード大手、銀聯の決済システムの利用を拡大して補う構えだ。

 張漢暉・駐ロシア大使がロシアのタス通信の書面インタビューに答えた内容として、大使館が公表した。張氏は「ロシア国民が人民元を使用し、預金することを歓迎する」と述べた。ロシアの決済システムと銀聯の両国での協力関係を深めるという。