大阪府は6日、府道の道路照明灯の電気料金計約1億円を関西電力側に過払いしていたと発表した。一部は返還されるなどしたが、約3千万円分は照明灯撤去後の解約手続きが行われたかどうかを巡って関電側と主張が対立しており、府は返還請求などの法的措置を視野に協議を進める方針。

 府によると、過払いの主な原因は、府道から照明灯が撤去されたのに、関電側では電気使用の解約の申請を受けていないことになっていたため。府から撤去を請け負った業者が解約申請することになっているが、口頭でのやりとりのため記録は残っていない。過払いは約40年前から生じていたものもあったという。