政府は6日、訪日外国人観光客の受け入れを6月にも再開する方向で調整に入った。これに先立ち、小規模な訪日ツアーを早ければ5月中に試行することを検討。コロナ感染拡大を防ぐ対策の有効性を確認する。訪日客が途絶えたことで国内の旅行消費は大幅に落ち込んでいる。政府は国内外の感染状況を見極めつつ、地域経済の回復に向け、訪日観光客の受け入れ枠を段階的に広げたい考えだ。

 岸田文雄首相は5日、英国・ロンドンの講演で「6月には他の先進7カ国(G7)並みに円滑な入国が可能となるよう水際対策をさらに緩和する」と表明。1日1万人としている入国者数の上限も引き上げられる見通しだ。