2017年に自殺した熊本県警玉名署の巡査渡辺崇寿さん=当時(24)=の遺族が6日、県警が安全配慮義務を怠り、長時間労働をさせたのが自殺の原因だとして、県に約7800万円の損害賠償を求めて熊本地裁に提訴した。

 遺族側は昨年12月、県に謝罪や賠償を求めたが明確な回答がなく、提訴に踏み切った。母美智代さん(62)は記者会見で「裁判を起こさないと終わったことになる。何があったか説明して謝って」と訴えた。県警は「訴状が届いてないためコメントは控える」とした。