日本相撲協会は6日、大相撲夏場所(8日初日・両国国技館)の取組編成会議を開き、2日目までの取組を決めた。先場所初優勝の関脇若隆景は初日に北勝富士、2日目に玉鷲と対戦する。左膝などの負傷で春場所を途中休場した一人横綱の照ノ富士は初日に先場所敗れた小結大栄翔、2日目に元大関で先場所優勝同点の高安と当たった。

 新大関の先場所で11勝を挙げた御嶽海は初日に高安と対戦。正代は霧馬山、貴景勝は先場所11勝の琴ノ若をそれぞれ初日に迎え撃つ。

 十両以上で初日から休場するのは幕内の逸ノ城と石浦。逸ノ城は1日に新型コロナウイルスの検査で陽性が判明した。