【エルサレム共同】ロシアのプーチン大統領は5日、ラブロフ外相によるナチス・ドイツ指導者ヒトラーが「ユダヤ系だった」との発言を巡り、イスラエルのベネット首相との電話会談で謝罪した。ベネット氏は謝罪を受け入れた。イスラエル政府が発表した。

 ラブロフ氏は1日公開されたイタリアメディアのインタビューで、ヒトラーが「ユダヤ系だった」と発言し、ウクライナのゼレンスキー大統領がユダヤ系でも同国にナチス勢力が存在しないことにはならないと述べた。イスラエルは猛反発し、深刻な外交問題に発展する可能性があった。

 ロシアはウクライナ侵攻を「非ナチ化」のためだと正当化している。