【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)は5日、新型コロナウイルス感染症に関連した2020~21年の死者数が約1490万人に上るとの推計を発表した。直接の死因だけでなく、医療機関の逼迫を受けて持病などの適切な治療を受けられずに死亡した例も含まれている。新型コロナの世界的大流行による影響の大きさが改めて示された。

 WHOによると、20~21年に新型コロナが直接の死因となったのは542万人。この2倍近くが間接的な影響で死亡した形だ。

 WHOのテドロス事務局長は「危機的状況下でも不可欠な医療を提供し続けられるような、強靱な保健制度への投資が必要だ」と指摘した。