【ブリュッセル共同】映画「ローマの休日」や「ティファニーで朝食を」などで知られる俳優の故オードリー・ヘプバーンさんが4日で生誕93年を迎えたのを記念し、生まれ故郷ブリュッセルの生家近くの公園に、功績をたたえる胸像が設置された。

 欧州メディアによると、息子のショーン・ヘプバーン・ファーラーさんは「母の名声をたたえるものが(生まれ故郷の)この地にあるのは当然のことで、うれしく思う」と話した。

 公園の入り口には、ヘプバーンさんの写真を載せた看板が掲げられた。

 ヘプバーンさんは1929年、オランダ人の母と英国人の父との間にブリュッセルで生まれ、幼少期を過ごした。