バレーボールの全日本男女選抜大会最終日は5日、大阪市の丸善インテックアリーナ大阪で決勝が行われ、男子はVリーグ王者のサントリーが前回開催された2019年大会に続いて9度目の優勝を飾った。女子も19年の覇者、東レが6度目の頂点に立った。20、21年は新型コロナウイルス禍で大会が行えなかった。

 サントリーはムセルスキーの高さを生かして優位に試合を進め、初の頂点が懸かったジェイテクトを3―0で退けた。

 東レはクランを軸に得点を重ね、初優勝を狙ったPFUを3―1で振り切った。