北海道・知床沖で乗客乗員26人が乗った観光船「KAZU 1(カズワン)」が沈没、14人が死亡した事故で、第1管区海上保安本部(小樽)などは5日、巡視船や航空機で行方不明となっている12人の捜索を続けた。

 また1管は3日に道警が船内に進入させた水中カメラが撮影後に操作不能となり回収できなくなっていると明らかにした。船内の突起物にケーブルが引っかかった可能性があるという。5日午前に始まった海上自衛隊による水中カメラ調査は天候不良で中断した。

 事故は4月23日に発生。同29日には救助要請があった海域の深さ約120メートルの海底で船体が見つかった。