【ワシントン共同】米国の中央銀行に当たる米連邦準備制度理事会(FRB)は4日、連邦公開市場委員会(FOMC)を開き、主要政策金利の誘導目標を0・5%引き上げることを決めた。利上げは2回連続で、通常の2倍となる0・5%の大幅引き上げはITバブル時の2000年5月以来、22年ぶり。約9兆ドル(約1160兆円)に膨れあがった保有資産の縮小も6月から開始し、記録的な物価高の抑制へ金融引き締めを一気に加速する。

 急速な引き締めが新興国など世界の金融市場に異変をもたらす恐れがある。円安ドル高が進み、日本の消費者がさらなる輸入品の値上がりに直面する可能性もある。