北海道・知床沖で乗客乗員26人が乗った観光船「KAZU 1(カズワン)」が沈没し、14人が死亡した事故で、第1管区海上保安本部(小樽)などは4日、9隻の船や航空機を使って、行方不明となっている12人の捜索を続けた。海上自衛隊や道警と連携した遠隔操作の水中カメラによる船体調査も実施する。

 事故は4月23日に発生。同29日には救助要請があった海域の深さ約120メートルの海底で船体が見つかった。今月3日には道警のカメラが初めて船内に入ったが、行方不明者の姿は確認できていなかった。