2月に新潟県村上市の荒川工場で従業員6人が死亡する火災が起きた米菓大手「三幸製菓」は31日、調査委員会の報告書を新潟市北区の本社で発表し、犠牲者のうち4人は、避難方法の周知が不徹底だったため、出入り口近くまで避難しながら、出口を見つけられなかったとみられると説明した。出火直後に起きた停電が「消火・救助活動に支障が生じ、犠牲者の救助を遅らせた一因と推察」とする見方も示した。

 同社が記者会見するのは、火災から3カ月半が過ぎて初めて。遺族が会見の実施を求めていた。

 また同社は、菓子の焼釜室から出火した可能性があると明らかにした。