Jリーグは31日、6月から段階的に緩和される声出し応援について新たに7月の6試合で運営検証を行うと発表した。

 対象は7月2日、J2の秋田―山口(ソユースタジアム)、水戸―横浜FC(ケーズデンキスタジアム水戸)、山形―栃木(NDソフトスタジアム山形)と、同6日に行われるJ1の鹿島―C大阪(カシマスタジアム)、FC東京―札幌(味の素スタジアム)、横浜M―広島(日産スタジアム)。

 コロナで禁止されてきた声出し応援を巡っては、まず6月11日のYBCルヴァン・カップの鹿島―福岡(カシマスタジアム)と同12日のJ2東京V―岩手(味の素スタジアム)で検証が行われる。