奈良県庁に勤めていた西田幹さん=当時(35)=が2017年に自殺したのは過重な業務でうつ病を発症したのが原因として、西田さんの両親が県に約1億円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、奈良地裁(寺本佳子裁判長)は31日、約6800万円の賠償を命じた。

 西田さんは県教育委員会の教職員課に勤務していた15年4月、うつ病を発症。16年4月に県砂防・災害対策課へ異動し、17年5月に同県大和郡山市の自宅で自殺したとしている。

 両親側は、発症前の1カ月間の時間外勤務が150時間を超えていたのに県が業務を軽減する対策を怠ったため自殺したと主張していた。