松竹は31日、歌舞伎俳優の市川海老蔵さん(44)が「市川團十郎」の大名跡の十三代目を11月に継ぎ、12月にかけて襲名披露公演を東京・歌舞伎座で開くと発表した。襲名は当初2020年に予定されたが、新型コロナウイルスの影響で延期していた。

 海老蔵さんは「十三代目市川團十郎白猿」となり、長男の堀越勸玄君が「市川新之助」を襲名し、初舞台を踏む。海老蔵さんは「少しでも多くの方々に喜んでいただけますよう、前を向き歩を進めるべく精いっぱいつとめてまいります」とコメントした。

 襲名披露公演は20年5~7月に歌舞伎座で開催予定だった。