【ニューヨーク共同】カナダのトルドー首相は30日、銃規制を強化する方針を発表した。今秋にも個人による国外からの拳銃の持ち込みや国内での取引を禁止するという。米テキサス州の小学校で児童ら21人が殺害されたばかりで、銃規制の重要性に注目が集まっていた。

 トルドー氏は「社会から銃を排除し、安全な未来を築くため強力な対策を打ち出す」と述べた。DVやストーカー行為に関与した人物の銃所持免許も剥奪する。

 カナダでは2020年4月、22人が犠牲となる銃乱射事件が発生し、翌5月に軍仕様の半自動小銃など約1500種類にわたる殺傷能力の高い銃器の使用や売買を禁止していた。