松野博一官房長官は31日の記者会見で、欧州連合(EU)がロシア産石油の輸入禁止で合意したことについて「歓迎する」と語った。ロシアの外貨獲得手段を狭めることにつながるため「ロシアによるウクライナ侵略には、高い代償が伴うと(国際社会が)示すことが重要だ」と述べた。

 日本を含む先進7カ国(G7)は既に石油の原則禁輸で一致している。