大正製薬は30日、JR新宿駅構内に設置した自動販売機で風邪薬や解熱鎮痛薬などを販売する実証実験を行うと発表した。販売期間は31日から8月末まで。急に体調が悪化した人が通勤や通学の途中に手軽に薬を購入するケースなどを想定している。実証で課題を探り、将来は薬局が少ない地域での販売も検討する。

 自販機1台をJR新宿駅の改札内にあるドラッグストア近くに設置し、大正製薬の風邪薬「パブロン」シリーズや解熱鎮痛薬、胃腸薬や目薬など約30品目を販売する。

 ドラッグストアの薬剤師らが利用者に対応できるように、当面の販売時間を午前10時から午後6時までとする。