観光庁は30日、訪日観光客の受け入れ再開に向けた実証事業ツアーで来日したタイ人1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。大分県に滞在中で、旅行は打ち切った。同行していたタイ人3人は濃厚接触者として待機している。感染ルートは不明。観光庁は「感染者が発生した際の初動対応はしっかりできたと考えている」としている。

 観光庁や福岡、大分両県によると、30日朝、喉の痛みを訴え、医療機関で抗原検査を受けた結果、陽性が確認され、地元の保健所にも連絡した。発熱はなく、症状は軽いという。同行者3人は簡易検査で陰性だったが、新たに確保したホテルで待機している。