愛知県は30日、県の発展に大きな貢献をしたとして、トヨタ自動車創業者の故豊田喜一郎氏と、ソニー創業者で名古屋市で生まれた故盛田昭夫氏に名誉県民の称号を贈った。喜一郎氏の孫でトヨタ社長の章男氏は式典で「『メード・イン・愛知』の車は世界中でたくさんの人々を笑顔にしている。意志を受け継ぎ、皆が幸せになる社会を目指す」と述べた。

 大村秀章知事は喜一郎氏について「世界に誇るわが国の自動車産業の基盤を築いた」、盛田氏については「ウォークマンに代表される革新的な製品を次々と世に送り出し、人々の生活を豊かにした」とそれぞれ称賛した。