フランスのマクロン大統領は3日、ウクライナ情勢を巡り、ロシアのプーチン大統領と電話で会談した。両首脳の電話会談は3月29日以来約1カ月ぶり。マクロン氏が4月の大統領選で再選されてから初めて。フランス大統領府によると会談は2時間10分続いた。

 ロシア大統領府の発表によると、プーチン氏は、国連事務総長と合意したウクライナ南東部マリウポリの製鉄所からの一般市民退避が実現したと説明。ウクライナ側の停戦交渉での立場に一貫性がないと批判する一方、ロシアは交渉による問題解決に前向きだと主張し、欧米側がゼレンスキー政権に対し停戦実現へ働きかけを強めるよう求めた。(共同)