日本国憲法施行から75年を迎えた憲法記念日の3日、各地で集会が開かれた。ロシアによるウクライナ侵攻を受け、改憲派は「今のままでは国は守れない」と9条改正を主張、岸田文雄首相はビデオメッセージで「(改憲に)挑戦し続けなければならない」と述べた。護憲派は「危機に乗じた改憲論議」と危機感を強める。

 改憲派は「公開憲法フォーラム」を開き、自民党の古屋圭司憲法改正実現本部長は「国民を守るために議論することが国会の責任」と主張した。

 護憲派は「憲法大集会」を開催。立憲民主党の奥野総一郎氏は「ウクライナ問題をだしにして改憲に突き進もうとする姿勢は許せない」と批判した。