岸田文雄首相(自民党総裁)は憲法記念日の3日、憲法改正派が東京都内で開いた集会に寄せたビデオメッセージで、9条への自衛隊明記や緊急事態条項新設を盛り込んだ党改憲案4項目に関し「いずれも極めて現代的な課題だ。早期の実現が求められる」と述べた。緊急事態条項については「極めて重要な課題だ。真剣に議論を深めなければならない」と訴えた。

 集会は保守系団体などが主催、協賛。首相は総裁任期中の実現を目指す改憲の機運を高めるとともに、夏の参院選に向けて保守層の支持を取り込む狙いがある。