和歌山県北山村で3日、丸太を組んだいかだに乗って川を下り、急流のスリルと渓谷美を楽しむ観光いかだ下りがスタートした。9月末まで。

 熊野川の支流北山川の約5・5キロを約1時間10分かけて下るコース。マスク姿で救命胴衣を着けた乗客は急流で豪快な水しぶきを受け、流れが緩やかな所ではゆったりと新緑の風景を楽しんだ。

 1979年にスタートし、昨年までに約22万5千人が利用。村役場観光課によると大型連休後半は予約が好調で、新型コロナウイルス禍で中止していた6月4日の弁当と温泉入浴付き特別便も3年ぶりに運航する。