こいのぼりの産地として知られる埼玉県加須市の利根川河川敷で3日、全長約100メートル、重さ約330キロの「ジャンボこいのぼり」が晴天を泳ぎ、約1万人が楽しんだ。新型コロナウイルスの感染拡大により2年連続で中止されていたため、2019年以来3年ぶりの遊泳となった。

 この日は風が強く、市職員ら約40人が風向きを見極めながら慎重に作業を進めた。大型クレーンで高さ約100メートルまでつり上げられたジャンボこいのぼりは、直径約10メートルの口に風を取り込み、ゆったりと泳いだ。

 イベントは1988年、町おこしの一環で始まり、現在のジャンボこいのぼりは4代目。