【マドリード共同】国際近代五種連合(UIPM)は2日、2028年ロサンゼルス五輪から馬術を除外し、新種目の候補として障害物レースを試験的に導入すると発表した。6月にトルコで行われるワールドカップ・ファイナル後から試行し、総会で正式に採用するか決定する。

 24年パリ五輪は従来通り、馬術と水泳、フェンシング、射撃、ランニングを合わせた5種目で行うが、馬術を除外する背景には東京五輪でドイツのコーチが馬をたたいた問題や人気低迷で1912年から実施の五輪競技から外されることへの懸念がある。UIPMは障害物レースを選んだ理由に若い世代で人気があることなどを挙げた。