【ニューヨーク共同】米大リーグ、カブスの鈴木誠也(27)が2日、ナ・リーグの4月の月間最優秀新人に選ばれた。プロ野球広島から移籍し、打率2割7分9厘で4本塁打、14打点をマークした。日本選手では2018年9月に受賞したエンゼルスの大谷翔平以来で、4月に選出されたのは同年の大谷以来。

 月間最優秀選手(MVP)も発表され、ア・リーグの投手部門はマリナーズの先発右腕ジルベルト、ナはマーリンズの先発右腕ロペスが選ばれた。野手部門はアがガーディアンズの内野手ラミレス、ナはカージナルスの内野手アレナド。

 アの月間最優秀新人はガーディアンズの外野手クワンが選ばれた。