【ローマ共同】ロシアのラブロフ外相は2日までに、ナチス・ドイツの指導者ヒトラーについて「ユダヤ系だった」と発言した。イタリアメディアのインタビューに答えた。AP通信によると、イスラエルのベネット首相は「事実ではない」と強く反発した。

 ラブロフ氏は、ウクライナでの「特別軍事作戦」は「非ナチ化」のためだと主張。同国のゼレンスキー大統領がユダヤ系であると言及し、だからと言ってウクライナにナチスの勢力が存在しないということにはならないと述べた。