【シドニー共同】オーストラリアのカンタス航空は2日、最大都市シドニーと、ロンドン、ニューヨークをそれぞれノンストップで結ぶ「超長距離便」を2025年後半から就航させると発表した。地元メディアは、民間航空路線として世界最長になると伝えた。新たに超長距離便専用のエアバスA350を12機導入する。

 シンガポール航空は04年から世界最長路線としてシンガポール―ニューヨーク便を運航しているが、カンタスの新路線はこれを距離で上回るとみられる。

 19年にカンタスがボーイング機を使い、シドニー―ニューヨーク間で実施した試験では、飛行時間は19時間16分だった。