政府は、韓国で10日に開かれる尹錫悦次期大統領の就任式に、林芳正外相を派遣する方向で調整に入った。韓国側は岸田文雄首相の出席を望んでいたが、首相は歴史問題が解決する確約がないと判断し今回の訪韓は見送る意向。林氏は滞在中、新政権幹部と会談し、悪化した日韓関係の改善を目指す方針を確認したい考えだ。複数の政府関係者が2日、明らかにした。

 首相は、来日した尹氏の政策協議代表団と4月26日に官邸で面会し「日韓関係改善は待ったなしだ」と表明していた。林氏の訪韓を通じ、元徴用工や元慰安婦問題に対する新政権の姿勢を慎重に見極めた上で、尹氏との直接対話の機会を探る構えだ。