【キーウ(キエフ)共同】米誌タイム(電子版)は1日までに、ロシアによるウクライナ侵攻初日の2月24日、ロシア軍部隊がウクライナ大統領府への襲撃を2回試みたと、ゼレンスキー大統領や側近らへのインタビューに基づいて報じた。

 記事によると、ゼレンスキー氏は同日の夜明け前、妻と共に子ども2人を起こして爆撃が始まったことを伝え、避難の準備をさせた。軍関係者は、同氏と家族の殺害や拘束を目的にロシア部隊がパラシュートで首都キーウ(キエフ)に降下したと報告した。

 大統領府では警護要員がゼレンスキー氏や側近らの銃や防弾チョッキを用意し、ロシア兵の襲撃に備えた。