両チームとも決め手を欠き延長十二回で引き分けた。広島は3―5の六回に代打松山の2点二塁打で追い付き、その後は好機を生かせなかった。ヤクルトは村上の12号2ランで先行したが、同点の七回以降は打線が2安打に抑えられた。