京都三大祭りの一つ、葵祭が15日、京都市で開催され、下鴨神社(同市左京区)などで関係者のみの神事が行われた。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、見せ場となる行列は3年連続で中止した。

 午前11時過ぎ、下鴨神社の境内で勅使が紅色の紙に記された御祭文を読み上げ、神職がお供え物を納めて国家安寧を祈願した。約350人の関係者が見守った。

 葵祭は下鴨神社と上賀茂神社(同市北区)の例祭。6世紀の欽明天皇の時代に凶作が続き、五穀豊穣を祈ったのが始まりとされる。