沖縄の日本復帰50年を迎えた15日、地元紙の琉球新報は朝刊で50年前の5月15日付の1面を復刻し、本紙全体を包む「ラッピング紙面」を発行した。

 復刻紙面と対比させる形で、米軍専用施設が集中する現状を伝える記事を掲載。「変わらぬ基地 続く苦悩」との見出しだった50年前の状況は今も当てはまるとし、同じ見出しを付けた。

 沖縄タイムスも別刷りの特集を発行し、50年間各年の「十大ニュース」などで半世紀を振り返った。