【ジュネーブ共同】テニスの男子シングルスで四大大会20度の優勝を誇る世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ(34)=セルビア=が14日、イタリア国際(ローマ)準決勝でカスパー・ルード(ノルウェー)を6―4、6―3で下し、1968年のオープン化以降、同種目5人目のツアー通算千勝を達成した。

 男子ツアーを統括するATPによると、歴代最多1274勝のジミー・コナーズ(米国)のほか、ロジャー・フェデラー(スイス)、イワン・レンドル(米国)、ラファエル・ナダル(スペイン)が千勝以上を記録していた。