【キーウ共同】ウクライナのゼレンスキー大統領は13日、動画を公開し、ロシア軍から千カ所以上の集落を奪還したと述べ、「国土の早期解放」に向けて全力を尽くす考えを表明した。米シンクタンク「戦争研究所」はウクライナ第2の都市、東部ハリコフ市周辺で同国側が勝利を収め、ロシア軍が撤退を決めた可能性があるとの分析を明らかにした。ウクライナ軍の猛反撃で苦戦を迫られているもようだ。

 首都キーウ(キエフ)では13日、ロシア軍兵士による戦争犯罪を裁く公判が初めて開かれた。兵士は非武装の民間人を銃殺したとして訴追された。検察はほかに約1万1千件の捜査を進めていると発表した。