巨人は2―2の七回にポランコの適時打で勝ち越し、八回に中田の2ランでリードを広げた。先発の戸郷は7回を2失点と粘ってリーグトップの5勝目を挙げた。中日は大野雄が6回を2失点と踏ん張ったが、打線が援護できなかった。