北海道・知床沖の観光船「KAZU 1(カズワン)」の沈没事故で、国土交通省は13日、運航会社「知床遊覧船」が昨年の事故後、監査を受けて改善を報告したにもかかわらず、今回の事故を起こしたとして「事業者に対する監査の在り方を反省し、見直しも議論する」との見解を示した。聞き取りや文書のチェックで改善したと判断し、同社の実態を見抜けなかったとして、確認方法の強化を検討する。

 同社では昨年5、6月に浮遊物との衝突や座礁といった2件の事故があった。国交省は監査で、アマチュア無線の使用や出航判断に関する記録の不備を確認し、連絡体制の構築など改善を指導した。