【ハノイ共同】ベトナム戦争の終結をハノイのラジオ局「ベトナムの声」の日本語放送で世界に伝えた元アナウンサーの中村信子さんが10日、南部ホーチミンの病院で死去した。99歳。長崎県佐世保市生まれ。

 第2次大戦終結直後、福岡市の大学に留学中だったベトナム人農学博士と結婚。第1次インドシナ戦争中の1952年、サイゴン(現ホーチミン)へ。その後ハノイに移り62年ごろ、ベトナムの声に誘われ63年の日本語放送開始と同時にアナウンサーを務めた。

 75年4月30日、北ベトナム軍と南ベトナム解放民族戦線の進軍に伴い「サイゴン市は完全に解放されました」とサイゴン陥落を伝えた。