東京都は13日、上野動物園(台東区)で飼育されている雌のジャイアントパンダ、シャンシャン(4歳)の中国への返還期限が6月30日から12月31日に延期されたと発表した。新型コロナウイルス禍により、輸送に関わる日中の専門家の渡航が難しいためで、延期は4回目。

 都によると、シャンシャンは2017年6月に同園で誕生。昨年6月に生まれた双子の雄シャオシャオと雌レイレイの姉にあたる。両親は中国から貸与されたため子の所有権も中国側にある。

 同園では、いずれも6月生まれの3頭の誕生日記念イベントを実施する予定だ。