ラグビーのリーグワン3部の愛知は13日、日本代表78キャップのプロップ畠山健介(36)が引退すると発表した。

 宮城・仙台育英高、早大を経てトップリーグのサントリー(現東京SG)などでプレー。日本代表では2015年ワールドカップ(W杯)で強豪の南アフリカ代表を破るなど歴史的3勝に貢献した。「ラグビーをしていたからこそ出会えた人たちに感謝です。かけがえのない出会い、瞬間、感情、景色でした」などとコメントした。

 7人制で16年リオデジャネイロ五輪代表の坂井克行の引退も発表された。