外務省は13日、ウクライナに隣接するモルドバの首都の呼称に関し、ロシア語の読み方に由来する「キシニョフ」から、現地で使用されているルーマニア語に基づく「キシナウ」に同日付で変更すると発表した。ウクライナからの避難民を受け入れるモルドバへの連帯を示す狙い。モルドバ政府の要請も踏まえた。

 日本政府はロシアのウクライナ侵攻後、ウクライナの首都の呼称もロシア語に由来する「キエフ」から、ウクライナ語の読み方に基づく「キーウ」に改めた経緯がある。

 首都以外の地名も同様にルーマニア語読みに統一する。今後、各省庁で作成する文書などで使用する。