岸田文雄首相は13日の衆院内閣委員会で、沖縄の日本復帰から15日で50年を迎えることに関し「今なお重くのしかかっている基地負担の問題をしっかり受け止める。沖縄発展と負担軽減のために努力したい」と決意を示した。

 岸信夫防衛相も記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の早期返還と名護市辺野古への移設実現を目指すと強調した。「世界で最も危険と言われる普天間の固定化は絶対に避けなければならない」と述べた。

 一方で、中国や北朝鮮の軍事動向に触れ「安全保障上、極めて重要な位置にある沖縄に米軍が駐留することは、日米同盟の抑止力の重要な要素だ」と理解を求めた。