NHKは12日、自然番組「ダーウィンが来た!」の取材班が2008年に撮影したトビウオの映像が「トビウオの最長飛行」としてギネス世界記録に認定されたと発表した。認定は19年11月。

 映像は08年5月18日、「ダーウィンが来た!」のトビウオを扱った回の取材をしていたNHK鹿児島放送局の取材班が、鹿児島県の口永良部島と屋久島を結ぶフェリー上から撮影。トビウオが45秒間水面上を飛び続ける一部始終が写っており、1920年代に米国の研究者が論文で報告した42秒を3秒上回り、最長記録と認められた。

 12日に東京・渋谷のNHK放送センターで認定証が担当者に贈呈された。