東京都の小池百合子知事は12日、新型コロナウイルス感染対策のマスク着用の在り方に関する議論について「科学的知見として、こういう場合はこうだと、国が明確にお決めになるのが最初ではないか」と述べた。都のモニタリング会議後の取材に答えた。

 会議では、オミクロン株の「BA・1」と「BA・2」の遺伝情報が交ざった「組み換え体」が、都内で6件見つかったと報告された。3月中旬~4月上旬に採取した検体のゲノム解析で判明。感染力が強いとされる派生型「XE」ではなく、系統は分類できていない。患者はいずれも軽症だった。

 11日時点の都内の新規感染者数は、前週からほぼ横ばい。