新型コロナウイルス対策のマスク着用を巡り、岸田文雄首相は12日の参院厚生労働委員会で「今の段階で緩和することは現実的でないと考えている」と述べた。着用見直しなどを求める声が上がっているものの、基本的な予防策として重要と訴えた。

 首相は「屋外で距離が十分取れていれば、必ずしも必要ではないと申し上げてきた」と強調。こうした内容の周知や広報を続けるとした。立憲民主党の川田龍平氏への答弁。