衆院憲法審査会が12日に行った討議で、9条を含む安全保障の議論の在り方が論点となった。自民党の新藤義孝氏は党憲法改正案4項目に盛り込んだ9条への自衛隊明記の意義を訴え、憲法審で安保に関する議論を優先的に進めるべきだと主張した。立憲民主党の奥野総一郎氏は臨時国会の召集義務などを挙げ「さまざまな論点がある。9条改憲ありきには断固として反対する」と述べた。

 新藤氏は、国の最大の責務は国民の生命や領土を守ることだと指摘。「最も根幹的な国防規定について議論し、憲法に反映させることは、緊急事態条項の整備と併せて最優先で取り組むべき課題だ」と強調した。